メニュー
Symptom

-症状別で探す-

下顎前突の矯正治療

what

下顎前突とは

下顎前突とは、下顎が上顎に比べて出ている状態。
一般的に受け口といわれる不正咬合です。

cause

原因

主な原因は遺伝と考えられていますが、家族、親戚に受け口がいない方でも発症することがあります。また、下顎前突には、歯性、骨格性の2種類に分かれており、歯性は、下の前歯が外側に傾斜している状態で上下の顎の大きさには異常が状態をさします。一方、骨格性は下顎の位置自体が前に位置しており、多くは歯性の問題も同時に起こっていることが多いです。骨格性が原因の場合には、上顎の低成長と下顎の過成長などの状況が関与しており治療としては、上顎の低成長を伴う場合には上顎の成長時期である10歳までに上顎の成長促進を試みることが大切になりますが、下顎の過成長を伴う場合には外科矯正が必要となることも少なくありません。

なお、外科矯正に関しては、厚生労働省や東京都が指定した大学病院やそれに準じた施設基準を満たした指定医療機関においてのみ健康保健が適応となります。当院は、数少ない外科矯正の施設基準を満たした指定医療機関でありますのでお気軽にお問い合わせください。

risk

将来のリスク

下顎前突は、開咬と並び最も有害な噛み合わせ(不正咬合)といっても過言ではありません。我が国の歯科医師会が推進している8020運動(80歳で20本以上自分が残る事を目指した歯科治療推進運動)達成者には下顎前突がほぼ存在しないことからも将来入れ歯になる確率が非常に高い極めて危険な状態といえます。

この理由は、下顎前突状態では奥歯へ過大な負担が加わり虫歯や歯周病にかかりやすくしている事が原因と考えられます。また、下顎前突は多くの場合で左右の変形を伴うことが多くこのような場合には変形性顎関節症を伴っていることが多いのも特徴です。

faq

下顎前突に関するよくある質問

受け口は、上記で説明しました通り様々な歯科的問題の原因となる可能性が高い噛み合わせです。出来ることならば、出来るだけ若い時から矯正治療が推奨されます。また、状態によっては、外科矯正治療や抜歯を伴う矯正治療が必要になります。

必ず経験豊富な外科矯正の指定医療機関であるクリニックで相談される事をお勧めいたします。外科矯正の必要がある顎変形症であると矯正専門医が診断した場合には、外科矯正治療の専門的な対応ができると認められた指定医療機関に限り健康保健が適応になります。従って、安易な部分矯正はお勧めできません。さらに、もし矯正をお考えの患者さんが40歳以上である場合には、顎関節症や歯周病、補綴治療などを含めた総合的な診断力を持った矯正専門医に相談される事をお勧め致します。

受け口の治療は矯正治療がもっとも困難な不正咬合の一つでもあります。したがって、矯正移動のコントロールが不十分になる可能性が高いマウスピース型装置による矯正やリンガル(裏側矯正)での治療は原則推奨されません。
また、外科矯正治療が適応となる場合にはマウスピース型装置による矯正やリンガルは健康保健では認められておりません。

受け口は、顎骨の変形を伴う不正咬合であります。従って、状態によっては、抜歯や外科的手法を併用しなければならない可能性もあります。しかし、口腔状態によっても治療方針は異なるので先ずはお気軽に矯正相談にてご相談ください。

結論は、もしあなたが歯の健康を心配で“将来、入れ歯にはなりたくない“歯を出来るだけ残したい”と考えるのであれば、たとえ健康な歯を抜歯してでも矯正治療を行う事をお勧めします。

健康な歯を抜歯すると勿体無い、自然が一番と思われる方もいるかもしれませんが、それは大きな誤解をしている可能性があります。
我々人類のアゴの大きさ・形は進化によって変化しております。しかし、歯の進化(歯の数・形・大きさなど)は歯胚(歯が生える前のの種みたいなもの)がアゴの骨の真ん中にある為に、十分な環境変化を受けることが出来ずにその進化がアゴの骨に比べて遅れているといわれております。また、歯の数や形も実は、アゴの進化に遅れながらも数は少なく、形は小さくなる傾向が統計学的には表れております。しかし、アゴの進化と歯の進化のタイミングや程度が必ずしも一致しておらず不正咬合が発生します。

矯正の抜歯では、実は本来無くても良いと考えた歯を第一選択して抜歯します。また、結果的に抜歯矯正によって“機能している歯”(きちんと咬合し活躍することが出来る歯)は逆に増えます。さらに、日本歯科医師会が高齢者の歯の健康の目標としている8020(80歳で20本以上自分の歯を残しましょう)は、たとえ抜歯矯正で一般的に行われる上下2本ずつの抜歯(合計で4本 親知らず含めると合計8本)を行なったとしても、24本は残る計算になります。

このような抜歯矯正は、今から100年以上前(インプラント治療は30年前から普及)から行われて近代矯正治療の主流の考えとして世界中で行われている確かな方法です。
以上の理由から、歯を出来るだけ残すことが出来る歯並びは、すべての歯がキチンと機能(それぞれの役割)を果たす事が出来る歯並びを指し、単純にたくさんの歯を持っている事では決して無い事が理解できると思います。

case

下顎前突例

治療前

治療後