メニュー
Age

-年齢別で探す-

40代~50代の矯正治療

40代~50代の矯正治療

この時期は、歯並びが悪い事で引き起こされた様々な歯科的問題(欠損歯、虫歯、歯槽膿漏、顎関節症、顎の歪みなど)がすでに起こっている可能性があります。

我が国においては、大規模な統計調査の結果、歯の喪失は約50歳以降に起こっている事が明らかになっております。この原因は、不摂生な生活習慣(食生活、喫煙、不適正な歯ブラシ、ストレスなど)や不正咬合、歯科医院での定期健診定期クリーニングの有無などの他に、加齢に伴う抵抗力、再生力の低下、そして不正咬合による一部の歯への過度な負担や清掃不能箇所の存在などが挙げられます。 一方、世界的な健康思考の高まりから、当院でもこの年代の患者さんが年々増加しております。

しかし、この年齢の方が、いきなり矯正治療を始めるのは大きなリスクがあります。大切なことは、現在起こっている歯科的問題をきちんと解決してから矯正治療に臨事が極めて重要であります。また、欠損歯がある場合には矯正後に補綴治療(ブリッジ、インプラント、義歯など)が必要となりますこの際に大切になる事は矯正治療を開始する前から最終的な補綴物のデザインを綿密に決定しておく必要があります。矯正後に、インプラントなどの処置を行う先生に初めて受診した結果、インプラントが出来ないといった予期せぬトラブルが発生する事も少なくありません。

矯正前後の必要な処置に関するよくある質問

当院では、矯正前後の必要な処置を全て包括した包括的成人矯正を得意としております。お気軽にご相談ください。

矯正後のインプラント処置や補綴処置には綿密な連携が不可欠になります。まずは、現在の矯正担当医師からの紹介状を拝見し判断させて頂きます。内容や状況によってはご期待に添えない場合も御座います。予めご了承下さい。

当院では、他のクリニックからの紹介によって高レベルの連携治療も随時行なっております。しかし、包括的連携医療機関は共通概念や同等レベルでの対応が可能なクリニックである事が必要不可欠であると考えております。したがって、他施設からのご紹介患者のみのご対応を原則とさせて頂いております。