メニュー
Age

-年齢別で探す-

20代~30代の矯正治療

20代~30代の矯正治療

この時期で始める方の特徴は、審美的な改善を第一に望まれているのが大きな特徴です。また。出来れば安価で簡単に治らないかと先ずは部分矯正を考える方も多いように感じます。このお気持ちは、我々も理解できますが、当院へ来院される方の多くは、きちんとした説明をすると最後には“木を見て森を見ず”の考え方であったと理解する事ができているようです。

つまり、10年後、20年後さらには50年後に今の歯並びがもたらす歯科的問題をいち早く理解し将来へ備え投資をする事が最も重要であると我々は考えております。

八重歯を持った“おじいちゃん” “ばあちゃん”をあなたは見た事がありますか?
もし、心配であればまずはお気軽にご相談ください。我が国の20歳以上のほぼ80%の方が何らかの歯周疾患を自覚症状有無を問わずに持っていると報告があります。まずは、当院の一般歯科検診を受ける事で現在水面下に起こっているかもしれない歯科的問題(虫歯、歯周病、顎関節症など)を確認する事が本当に美しい歯並びを手にいれる大きな第一歩です。

歯科的問題に関するよくある質問

歯周病や虫歯、根尖病巣(根の病気)などの細菌感染が原因の病気をそのままにすると病巣を大きくする事に繋がりますので好ましくありません。最悪の場合には、当該歯を抜歯しなければならない事もあります。矯正治療前にきちんと治療することが大切です。しかしながら、矯正治療前に全ての病気が発見出来ない場合や発見出来ても歯列不正から適切な治療が行えない場合もあります。矯正治療中や治療後に対応する場合もあります。

通常、矯正専門のクリニックの歯科医師や歯科衛生士は歯周病や虫歯の治療に対して十分な技術や知識はありません。