メニュー
Worry

-お悩み別で探す-

部分矯正

what

部分矯正とは

部分矯正は、全体の矯正治療に比べ装置を付けている範囲が少なく、費用や期間面でメリットが魅力的な矯正治療です。また、一般歯科や補綴を専門としておられる先生が補綴治療を組み合わせて提案するケースが多い矯正治療といった側面もあります。
では、なぜ矯正専門医があまり積極的に提案しないかというと、以下の明確な理由があります。

部分矯正では、殆どのケースでゴールの咬合が妥協的になることです。妥協的咬合ほど実は難しいです。妥協的な咬合は、しばしば、治療後の長期な安定が得られにくくリバウンド(後戻り)が起きやすく、矯正治療前に考えていたほど、審美的・健康面でのメリットが得ることが出来ない場合があるからです。さらには、部分矯正によって歯並びの凸凹は無くなったが口元が過度に突出してしまったりすることで口が閉じにくくなってしまったり、前歯で物が噛みきれなくなってしまったり、歯茎の著しい退縮を招いたりするケースも少なくありません。

部分矯正の利点

  • 矯正装置を装着する範囲が少なくて済む
  • 矯正治療費が抑えれる

部分矯正の欠点

  • 治療後の予測が困難である
  • 適応症が意外と少ない
  • 長期的安定が悪い
  • 重篤な副作用がある場合もしばしばあり、治療後に後悔するケースも
faq

部分矯正に関するよくある質問

部分矯正の適応は一概にどのような噛み合わせとは言えません。
その適応には、精密な診査診断が不可欠です。まずは、ご相談ください。

部分矯正でも稀に抜歯をする事はあります。しかし、全体の矯正とは大きく異なった治療方針となる事がありますので、精密な診査診断後に判断します。まずは、ご相談ください。