メニュー
Device

-装置別で探す-

 表側の矯正装置
(各種エジワイズブラケット装置)

what

表側矯正とは

現在でも主流である表側の矯正装置は、Edward H.Angle(1855-1930)によって1928年に発表された治療方法です。90年近く前に考案された治療方法が、現在にいたるまで様々な変遷を遂げて、今なお主流でありつづけていることは本方法が極めて完成度の高い治療法あると考えることが出来ます。

実はエッジワイズ法の誕生前にも、表側の矯正装置は100年以上前から存在しておりました。しかし、これらの装置は扱いが非常に困難であった理由から、改良がなされ角ワイヤーを使用するエッジワイズと呼ばれる”The latest and Best in Orthodontic Mechanism“とされる装置が誕生しました。

現在のエッジワイズ法には、ブラケットスロットサイズが022X028インチ,018X025インチの2種類があり術者の好みや症例によって使い分けられています。

表側矯正装置の利点の利点

  • 100年近い期間で改良され続け最も信頼できる矯正治療方法である。 “もっとも最新でありベストな矯正装置である”と考えられている
  • 適応症例が最も広い
  • 矯正医の努力や知識などの研鑽によって矯正治療の効率や治療結果の質を極限まで高めることができる。
  • 世界的に最も使用されている装置であるので様々な改良が活発にされており審美性や機能などが年々向上している。
  • 100年近い実績があり最も信頼性・安全性・確実性が高い矯正治療である

表側矯正装置の欠点

  • 矯正医のスキルに治療結果が大きく依存する(専門的な知識や診断力を有する)
  • 裏側の矯正装置に比べると矯正中の審美性に劣る
faq

表側矯正装置に関するよくある質問

表側の装置はアメリカをはじめとする海外で最も使用頻度が高い矯正装置です。最も売れている装置なので開発も最も進んでおります。目立たない装置では、サファイヤ、セラミック、ジルコニア、ハイブリットセラミックなどがあります。当院では、最も透明感があり審美性が高いサファイヤ製の装置が一番人気です。