メニュー
Works

-当院について-

症例・臨床実績

case

症例:1

裏側矯正+前歯部のセラミッック修復治療
上記の症例は、出っ歯を治したいと矯正治療を受けらた方です。
また、ご職業の制限で上下裏側矯正をご希望され治療を開始しました。
矯正治療を開始するにあたり、左右の上の前から2番目にセラミック修復ブツが入っておりましたが、根の先に病気があり事前に根の治療を行い、矯正後に新たにオールセラミック修復物を装着しております。

Before

After

Original Image After
Modified Image Before
case

症例:2

矯正+歯周病
歯肉の退縮と歯並びの改善を希望し当院にて歯周再生治療と矯正治療を受けられました。
一般的には、歯肉退縮がある状態での矯正治療は不可能とされております。
しかし、当院では、歯周組織再生療法を駆使する事で歯肉退縮の改善と歯並びの改善を同時に得ることができました。

Before

After

Original Image After
Modified Image Before
case

症例:3

矯正+前歯部セラミック修復
本症例は、上アゴの左の前から2番の歯が完全に裏側に隠れ審美的にも健康的にも大きな問題がありました。
当院にメンテナンスで来院する事で矯正治療を決心した患者さんです。
現在は、前歯部のセラミック修復物も綺麗に治療しメンテナンスで通院中です。

Before

Original Image After
Modified Image Before
case

症例:4

本症例は、著しい上顎前突を呈している症例です。
また、歯茎が生まれつき薄くそのまま矯正を行うと歯肉退縮を招く事が予想されました。本ケースでは、歯肉の増大手術と矯正治療を併用して治療を終えることが出来ました。

Before

Before

Before

Original Image After
Modified Image Before

After

After

case

叢生の症例

歯並びの凸凹を叢生といいます。叢生は、見た目の問題以外にも歯磨きが難しく歯周病・虫歯・歯肉退縮の原因になることもあります。

Original Image After
Modified Image Before
case

上顎前突の症例

上顎前突では、口が閉じにくく口呼吸を招きお口の健康が悪くなる原因になることもあります。また、前歯をぶつけてしまい歯に深刻なダメージが残る場合もあります。

Original Image After
Modified Image Before
case

下顎前突の症例

下顎前突症は、開口症とならびに歯を失う可能性が高い不正咬合の一つです。
当院では、健康保険適応にて外科矯正治療を行う事が出来ます。

Original Image After
Modified Image Before
case

開咬の症例

開咬症は、下顎前突症とならび歯を失う可能性が高い不正咬合の一つです。
また、開咬症の矯正治療は舌の癖

Original Image After
Modified Image Before
case

マウスピース型装置による矯正使用の症例

マウスピース矯正とは、患者さん自身が1日約20時間以上、マウスピースを通常2週間ごとに入れ替える事で歯を動かす治療です。

Original Image After
Modified Image Before
case

裏側矯正使用の症例

裏側の矯正装置を用いる事で、他人に矯正をしている事を気づかれずに治療する事も可能です。

Original Image After
Modified Image Before