Concept日本橋 矯正歯科AQUA日本橋 成人矯正CENTER

日本橋 矯正歯科AQUA日本橋 成人矯正CENTER HOME >> 当院の実力:学会発表・実績
日本橋 矯正歯科 医療法人社団 Teeth Alignment AQUA日本橋DENTAL CLINIC

前歯の部分矯正 矯正歯科 AQUA日本橋DENTAL CLINIC


成人が抱える5大歯科疾患と成人矯正治療との関係

歯周病(歯槽膿漏)がある方 歯茎が下がっている方 詰め物やかぶせ物がある方 顎関節症をお持ちの方 1本でも歯が抜けてしまっている方
携帯からの初診受付はこちらから

Treatment Contents 世界最先端の矯正治療の追求

当院が積極的に取り組んでいる主な研究内容について

当医院では、歯科医療の発展および社会貢献的な立場から大学やその他研究機関と共同で研究活動にも積極的に参加しております。

科学的エビデンス(根拠)に基づく最先端の治療は、いつも最先端の研究の中から生まれます。

 

本当の意味で常に最先端で日々の臨床を行う為には、常に最先端の研究レベル で臨床医自身も研鑽を積む事が本来必要があると我々は考えております。
当医院では、 現在の最先端の歯科臨床を学ぶと同時に、現状に満足せずに次世代の治療法の研究開発にも積極的です。 個人の開業医としては、大学や国立の研究機関と共同で毎年トップレベルの業績を発表してります。また、得られた研究成果は、国内外の学術会議や世界的権威のある学術雑誌に掲載され、学会発表においては、各種優秀発表賞も頂いております。

Ⅰ 顎変形症・顎関節治療に関する研究

  1. 分子生物学的見地から考えた顎関節治療ならびに顎の成長発育誘導を目指しております。
  2. 顎変形症・顎関節症の新しい予防診断法ならびに治療法の開発。

Ⅱ 安全で確実な歯周組織再生療法の開発
   矯正治療への歯周組織再生療法の応用

Ⅲ かみ合わせ・咀嚼運動が顎顔面形態および全身に
   及ぼす影響に関する研究

受賞歴

◆第23回 日本咀嚼学会 優秀口演賞受賞(2012年)
◆第69回 日本矯正歯科学会 優秀発表賞(2010年)
◆第96回 アメリカ歯周病学会 ファイナリスト選出(2010年)
◆朝日新聞 朝刊 科学欄掲載(2010年)
◆大学プレスセンター にて掲載(2010年)
◆第70回 東京矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞受賞(2010年)
◆第68回 日本矯正歯科学会 優秀発表賞(2009年)
◆第65回 日本矯正歯科学会 優秀発表賞(2006年)
◆昭和大学歯学部矯正学教室 Prof. Maki Awards(2004年)
◆第63回 日本矯正歯科学会 優秀発表賞(2004年)

業績

・12th International Symposium on Periodontics & Restorative Dentistry(PRD)
2016年 ボストン ポスター発表
Periodontal regenerative therapy,including PAOO, in orthodontic treatment and new decision-making methods

・AAO(アメリカ矯正歯科学会)オーランド Table Clinic発表2016年6月

・ザ・クインテンセンス 2016年 4月 特集 成人矯正治療Up-to-Date 執筆

・モリタ セミナー 有明 2016年 2月 講演
ぺリオ・エンド分野で世界が注目する最新のレーザー治療
Er:YAGレーザー治療にエビデンスはあるのか?

・ザ・クインテンセンス 2015年 2月 特集 オープンバイトの原因とその対応 執筆

・顎骨骨膜に特異的に発現する遺伝子の探索と機能解析
Discovery of specific gene expression and functional analysis in jaw bone periosteum
第71回 日本矯正歯科学会 2012年

・下顎頭軟骨の組織特異性の探索と機能解析
Tissue specificity and functional analysis of condylar cartilage
第71回 日本矯正歯科学会 2012年

・口腔粘膜上皮のケラチノサイトの一部は神経堤に由来する
Some keratinocytes in epithelium of oral mucosa derive from neural crest
第71回 日本矯正歯科学会 2012年

・成長発育期の軟食と精神疾患発症との関連性について(第二報)
The relationship between the soft-diet feeding during developmental stage and the risk of mental disorders
第71回 日本矯正歯科学会 2012年

・凍結乾燥処理を行った歯を用いた新たな顎骨再生療法の開発・検討
第10回 日本再生歯科医学会 2012年

・神経堤由来である上下顎骨は中胚葉由来の骨と比べてその治癒形態が異なる
第10回 日本再生歯科医学会 2012年

・離乳時からの軟食は精神疾患の発症リスクを高める可能性がある
第54回歯科基礎医学会学術大会 2012年

・顎骨の骨膜は神経堤細胞由来の性質を持っている可能性がある 第53回 歯科基礎医学会 第31回昭和歯学会, 東京, 2011年12月

・離乳直後からの軟食が、マウスの海馬における神経新生に不える影響 第31回昭和歯学会, 東京, 2011年12月

・Soft-diet feeding may increase the risk of mental illness during growth Neuro2010 2010年 9月

・Gene expression profiles from jaw is uniquely different from profiles of trunk and limb bones  第96回アメリカ歯周病学会 2010年

・Distribution and characteristics of neural crest-derived cells in maxillofacial-and oral tissues  第96回アメリカ歯周病学会 2010年

・幼少期の「食」の違いはその後の性格を変えるのか?――昭和大学と理化学研究所の研究グループが世界で初めて「食の違いと精神形成の関連性」を発表 大学プレスセンター にて掲載 2010年

・朝日新聞 朝刊 2010年 科学欄掲載

・「抜去歯を用いた新しい顎骨再生療法に関する基礎研究について」第70回 東京矯正歯科学会 2010年

・Effects of mastication on mandibular growth evaluated by microcomputed tomography. Enomoto A, Watahiki J, Yamaguchi T, Irie T, Tachikawa T, Maki K. Eur J Orthod. 2010 Feb;32(1):66-70. Epub 2009 Jul 31

・A New Method for Alveolar Bone Repair Using Extracted Teeth for the Graft Material.
Nampo T, Watahiki J, Enomoto A, Taguchi T, Ono M, Nakano H, Yamamoto G, Irie T, Tachikawa T, Maki K. J Periodontol. 2010 May 17.

・従来の腸骨移植に代わる新たな骨再生法の開発検討-骨補填材としての抜去歯の可能性-Development of a new bone regeneration method to replace the iliac bone graft
南保友樹 綿引淳一 榎本明子 中納治久 田口智博 小野美樹 入江太朗 立川哲彦 槇宏太郎 第68回日本矯正歯科学会 2009年
第29回昭和歯学会 2009年

・成熟個体の下顎頭における神経堤由来細胞の存在
Existence of neural crest─derived cells in adult mouse mandibular condyle
綿引 淳一,南保 友樹,榎本 明子,小野 美樹,田口 智博,入江 太朗,立川 哲彦,槇 宏太郎 日本顎関節学会 2009年

・TAD (Temporary Anchorage device) を用いた際のトランスパラタルバーのデザインについて
The design of transpalatal bar used TAD 第68回
綿引正美 綿引淳一 宮本愛子 井沢秀彦 日本矯正歯科学会 2009年

・Identification of differentially expressed genes in mandibular condylar and tibial growth cartilages using laser microdissecrion and
fluoresent differentila display:Chondromodulin I(ChM-1) and tenomodulin(TeM) are differentially expressed in mandibular condylar
and other growth cartilages.
BONE, 2008 Jun;42(6):1053-60
Junichi Watahiki, Tetsutaro Yamaguchi,Akiko Enomoto,Tarou Irie, Kumi Yoshie, Tetsuhiko Tachikawa and Koutaro Maki

・コーンビームX線CTを用いて3次元的な包括的診断を行った
歯周病患者の矯正治療症例 
綿引淳一 高田貴虎 中納治久 榎本明子 渡辺みゆき 山本松男 槇宏太郎  第66回 日本矯正歯科学会 2007
・咀嚼変化が下顎頭形態に及ぼす影響について

-3次元形態計測および遺伝子発現変化の観察―
榎本明子 綿引淳一 山口徹太郎 入江太朗 立川哲彦 槇宏太郎
第27回日本骨形態計測学会 2007

・Discovery of genes specifically expressed in mandibular condylar cartilage. J.Watahiki, T.Yamaguchi, T. Irie, T.Tachikawa, K.Maki
第一回国際顎関節学会 2006
・The effect of mastication during mandibular growth.
A Enomoto, J Watahiki, T Yamaguchi, T Irie, T Tachikawa, K Maki
第65回 日本矯正歯科学会 2006
・Discovery of genes specifically expressed in mandibular condylar cartilage.
J. WATAHIKI, T. YAMAGUCHI, T. IRIE, T. TACHIKAWA,K. MAKI, 第106回 アメリカ矯正歯科学会 May 7 in Las-Vegas, 2006

・Prediction of mandibular growth from the rate of condylar height to ramus height. Kumi Yoshie, Junichi Watahiki, Tetsutaro Yamaguchi, Koutaro Maki
第106回 アメリカ矯正歯科学会 May 7 in Las-Vegas, 2006

・Gene Expression Changes of mouse Condylar Cartilage Correlates with Mastication : By Means of Laser Microdissection and cDNA Array.

J. WATAHIKI, T. YAMAGUCHI, T. IRIE,T. TACHIKAWA K. MAKI1,

第6回 国際矯正歯科学会6th International Orthodontic Congress
in Paris 2005

・Familial Aggregation of Class III Malocclusion in Japanese.
Kudo A, Yamaguchi T, Yagasaki Y, Watahiki J, Oshima T, Nishimoto Y, A Miyazaki, K Maki.  Showa Univ J Med Sci,17:145-151, 2005

・Relationship between condylar morphology and mandibular growth
-Condylar height reflects mandibular growth-
Kumi Yoshie, Junichi Watahiki, Tetsutaro Yamaguchi, Koutaro Maki

第64回 日本矯正歯科学会 2005年

・Discovery of genes specifically expressed in mandibular condylar cartilage
-Existence of specific responsive remodeling mechanism.

J. WATAHIKI, T. YAMAGUCHI, T. IRIE,T. TACHIKAWA,K. MAKI,第63回 日本矯正歯科学会 2004年

・Gene expression profiling of mouse condylar cartilage during mastication
by meansof laser microdissection and cDNA array.
Watahiki J, Yamaguchi T, Irie T, Nakano H, Maki K, Tachikawa T.

J Dent Res. 83(3) 245-249, 2004.

・The role of p57Kip2 on mandibular growth in mice
: By means of laser microdissection for hard tissue.

Watahiki J, Yamaguchi T, Irie T, Takahashi K, Nakano H, Yagasaki Y, Nakayana Kei-ichi, Nakayana Keiko, Maki K, Tachikawa T.

Orthodontic Waves. 62(3) 201-206, 2003.

・Micro X-ray computed tomography analysis for the evaluation of asymmetrical condylar growth in the rat.

Nakano H, Watahiki J, Kubota M, Maki K, Shibasaki Y, Hatcher D, Miller AJ. Orthod Craniofac Res. 6 Suppl 1 168-172, 2003.

・The role of craniofacial growth in leptin deficient (ob/ob) mice.
Yagasaki Y, Yamaguchi T, Watahiki J, Konishi M, Katoh H, Maki K.
Orthod Craniofac Res. 6(4) 233-241, 2003.

・ Quintessence DENTAL Implantology に紹介されました

Page top