Concept 日本橋 矯正歯科AQUA日本橋 成人矯正CENTER

日本橋 矯正歯科AQUA日本橋 成人矯正CENTER HOME >> 成人矯正の問題
日本橋 矯正歯科 医療法人社団 Teeth Alignment AQUA日本橋DENTAL CLINIC

前歯の部分矯正 矯正歯科 AQUA日本橋DENTAL CLINIC


成人が抱える5大歯科疾患と成人矯正治療との関係

歯周病(歯槽膿漏)がある方 歯茎が下がっている方 詰め物やかぶせ物がある方 顎関節症をお持ちの方 1本でも歯が抜けてしまっている方
携帯からの初診受付はこちらから

Treatment Contents 成人矯正への想い

成人矯正の抱える様々な問題点

 

小児矯正との大きな違いは、

① 成人が抱える様々な歯科的トラブル

② 歯の動き方に個人差が大きい(歯の動くスピードに個人差が大きい)
(歯周病、虫歯、補綴、インプラント、顎関節症など)

特に歯周病は、日本人の成人の実に80%以上が罹患しているといわれています。
さらには、多くの方がその自覚を持っていない事が問題を複雑にしております。
つまり成人矯正治療においては、より高度な矯正技術と知識経験が求められるだけでなく、矯正科単科だけでは十分な対応が困難である事が明らかです。

 

アメリカ矯正歯科学会・アメリカ歯周病学会が共同で警鐘

2013年にカルフォルニアで開催されたAAO(アメリカ矯正歯科学会)とAAP(アメリカ歯周病学会)の合同会議でも歯科的疾患(虫歯や歯周病、顎関節症などの症状)を抱えながら矯正治療を始めてしまうと、それらの症状をさらに悪化させてしまう恐れがあり非常に危険であると強く警鐘を鳴らしています。また、お口の中が健康でない状態で、歯並びだけをきれいに整えても、矯正治療が引き金となって、新たな問題が引き起こしてしまう危険性もあります。

成人矯正を成功に導く全ての歯科治療が一つのクリニックで完結

当院は、成人矯正治療を成功に導く為に矯正歯科を中心においたMulti-Disciplinary Adult Orthodontics Treatment(幅広い歯科専門分野を駆使した包括的成人矯正治療)を コンセプトに誕生しました。

Multi-Disciplinary Adult Orthodontics Treatmentとは?

当院の院長は、大学勤務時代から様々な歯科的問題を抱えた成人矯正の臨床や研究に数多く携わって参りました。その豊富な経験から、一つの結論を導きました。それは、30歳以降の成人矯正治療においては、“矯正学専門的技術・知識だけを極めても患者様を決して幸せに出来ない。歯周治療、補綴治療、顎関節治療、インプラント、審美治療などのあらゆる分野での高度な歯科的技術が必要不可欠であると考えました。しかしながら、その為には、相当な努力と研鑽が必要であります。さらに専門性に特化すればするほど見識が狭くなり患者様にとって大切な事を見逃してしまう事が多々有ります。院長がニューヨーク大学で直接指導を受けた世界的に有名なデニス・ターナー教授は、“We must always think multi-disciplinary and avoid specialty tunnel vision ”と言っております。つまり”矯正治療やインプラント、審美歯科などの専門分野に特化した専門医は自らの専門分野に限定した狭い見識に捉われがちであるが、常に広い視野で研鑽を積み様々な分野の専門的なテクニックを駆使した考え方をしなければ患者さんにとって最良の結果とはならない“と云った意味が込められたいます。

当院では、歯列矯正の専門医(院長・副院長は日本矯正歯科学会認定医)による矯正治療が可能であるのと同時に、簡単な保険診療だけでなく、歯の保存療法(再生治療・マイクロ精密根管治療)・インプラント治療・歯周病治療・顎関節症・審美歯科・レーザー治療・歯周形成治療・口腔外科などの幅広い専門的分野の治療まで受けることも可能

成人矯正治療を行う場合、矯正専門医がいるだけでは十分とは言えません。

当院では虫歯・歯周病・顎関節症などの症状が見つかった場合も、他院に行かずとも、すぐに適切な治療に入ることができます。矯正歯科の専門知識に加え、虫歯・歯周病・顎関節症・審美歯科・口腔外科など、全ての歯科治療をトップレベルで提供出来るクリニックは、全国でもあまり例がありません。

当院は再生医療にも精通しており、重度の歯周病を患っている方、歯を失っている方、インプラントと矯正治療の両方を考えている方など、他の矯正歯科では対応が困難な方の対応も行っています。(保険対応の矯正治療)が必要な方も、気軽にご相談ください。

Page top