Saff 日本橋 矯正歯科AQUA日本橋 成人矯正CENTER

日本橋 矯正歯科AQUA日本橋 成人矯正CENTER HOME >> 当院のスタッフ
日本橋 矯正歯科 医療法人社団 Teeth Alignment AQUA日本橋DENTAL CLINIC

前歯の部分矯正 矯正歯科 AQUA日本橋DENTAL CLINIC


成人が抱える5大歯科疾患と成人矯正治療との関係

歯周病(歯槽膿漏)がある方 歯茎が下がっている方 詰め物やかぶせ物がある方 顎関節症をお持ちの方 1本でも歯が抜けてしまっている方
携帯からの初診受付はこちらから

コンセプト

Message

歯科医療の根幹と取り組み

患者さまを心身ともに健康に導ける歯科医療の在り方とは何かまた、
理想の歯科医療とは何か、と自問自答しながら日々、
ホスピタリティーや臨床・研究に邁進しております。
これからも、妥協することなくスタッフ一同力を合わせて
新しい歯科・矯正歯科医院作りを目指してまいります。

Chief director & Director

理事長・院長

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
医療法人Teeth Alignment
理事長・院長 綿引 淳一

歯学博士  日本矯正歯科学会認定医
昭和大学歯科矯正学教室 兼任講師
厚生労働省 臨床研修指導医

担当分野

矯正歯科 顎関節治療
審美歯科 マイクロスコープ治療
インプラント治療・歯周治療・歯周外科治療・歯周再生治療
一般歯科全般

Message

日本人において歯並びの治療が必要な潜在患者は実に67.9%、その内38.8%の方しか矯正治療が必要だと認識していないとの調査があります。さらに、歯並びの悪さが歯周病や虫歯の発症に大きく関与している事は周知の事実であります。 一方、成人の約80%が歯周病に罹患しているとの報告があり、日本人が歯を失う最大の原因は歯周病であるとの報告があります。 我々は、審美と健康の長期的な両立には、健全な歯周組織と健康的な歯並びが基本であると考え、可能な限り天然歯を保存し、審美と健康の長期的な両立を目指したエビデンス(科学的根拠)に基づいた治療を基礎研究レベルから実際の臨床まで真剣に取り組んでおります。

主な所属学会

◆東京SJCD会員
◆日本神経科学学会
◆IADR(International Association for Dental Research)
◆WFO(World Federation of Orthodontists)
◆日本矯正歯科学会
◆日本歯周病学会
◆日本顎変形症学会
◆日本顎関節学会
◆日本口蓋裂学会
◆日本舌側矯正歯科学会
◆日本口腔インプラント学会
◆東京矯正歯科学会
◆O.S.I study club
◆日本骨代謝学会
◆日本歯科基礎医学会
◆日本軟骨代謝学会
◆Teeth Alignment(主宰)
◆スタディーグループ麻布会 会長

経歴

【主な経歴】
1999年 昭和大学歯学部卒業
1999年 昭和大学歯科矯正科入局
2004年 日本矯正歯科学会認定医取得
2004年 昭和大学歯科矯正学大学院卒業 博士号取得
2006年 AQUA日本橋DENTAL CLINIC 開設 代表就任
2007年 昭和大学歯学部歯科矯正学教室 兼任講師 就任
2008年 医療法人社団 Teeth Alignment 理事長 就任
2008年 理化学研究所脳科学総合研究所  客員研究員 就任
2009年から2011年
ニューヨーク大学 インプラント科CDEコース在籍・修了
2011年 和光堂株式会社 商品開発コンサルタント 就任
2012年 鶴見大学歯学部 インプラント科 所属
2013年 日大松戸歯学部歯周歯周病学教室 所属

【その他研修歴】

・ハーモニー 裏側矯正法認定ドクター(フランスの最新の裏側矯正法)
・インコグニート研修 修了インコグニート認定ドクター(ドイツの最新の舌側矯正法)
・インビザライン認定ドクター(マウスピース型矯正法)
・アストラテックインプラント認定ドクター
・Prof.Pancherz Herbst cource (機能的顎矯正装置)
・STb リンガルシステム Certificate(舌側矯正治療)
・ソフトティッシュマネージメントCours Certificate (インプラント・歯周外科治療)
・アストラテックインプラント臨床補綴 Cours Certificate
・O.S.I. Implants Advance Cours Certificate  (アストラテックインプラントアドバンスコース)
・石井歯内療法研修会 修了(アメリカ歯内療法専門医による根の治療)
・東京SJCDギュラーコース 卒業
・SJCD原宿マスターコース 卒業(世界最高水準の審美歯科)
・SJCDマイクロコース ペリオコース 修了(顕微鏡手術による超精密歯周形成外科)
・SJCDマイクロエンドコース 修了(顕微鏡を用いた超精密根管治療)
・SJCDマイクロインプラントコース修了(顕微鏡を用いた超精密インプラント治療)
・JIADS ペリオコース&ペリオ・インプラントアドバンスコース

主な研究分野

◆歯周組織および顎骨の新しい再生療法の開発に関する研究
◆顎関節症および顎変形症に関する研究
◆顎骨の成長発育に関する研究
◆咬合および咀嚼が脳機能及ぼす影響について

受賞暦

◆第114回アメリカ矯正歯科学会Joseph E. Johnson Clinical Award 受賞(2014年)
◆第23回 日本咀嚼学会 優秀口演賞受賞(2012年)
◆第69回 日本矯正歯科学会:第3回日韓ジョイントミーティング 優秀発表賞(2010年)
◆第69回 日本矯正歯科学会 優秀発表賞(2010年)
◆第96回 アメリカ歯周病学会 ファイナリスト選出(2010年)
◆朝日新聞 朝刊 科学欄掲載(2010年)
◆大学プレスセンター にて掲載(2010年)
◆第70回 東京矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞受賞(2010年)
◆第68回 日本矯正歯科学会 優秀発表賞(2009年)
◆第65回 日本矯正歯科学会 優秀発表賞(2006年)
◆昭和大学歯学部矯正学教室 Prof. Maki Awards(2004年)
◆第63回 日本矯正歯科学会 優秀発表賞(2004年)
◆第69回 日本矯正歯科学会 第3回日韓ジョイントミーティング 優秀発表賞(2010年)

主な講演・執筆 業績

・12th International Symposium on Periodontics & Restorative Dentistry(PRD)

・2016年 ボストン ポスター発表
Periodontal regenerative therapy,including PAOO, in orthodontic treatment and new decision-making methods

・AAO(アメリカ矯正歯科学会)オーランド Table Clinic発表2016年6月

・ザ・クインテンセンス 2016年 4月 特集 成人矯正治療Up-to-Date 執筆

・モリタ セミナー 有明 2016年 2月 講演
ぺリオ・エンド分野で世界が注目する最新のレーザー治療
Er:YAGレーザー治療にエビデンスはあるのか?

・ザ・クインテンセンス 2015年 2月 特集 オープンバイトの原因とその対応 執筆

・イラストで見る天然歯のための審美形成外科 (翻訳共著)2014年 クインテッセンス

・Differences in the developmental origins of the periosteum may influence bone healing.  J Periodontal Res. 2014 Sep 16.

・Mastication markedly affects mandibular condylar cartilage growth, gene expression and morphology Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2014Sep;146(3):355-63.

・SJCD 第1回例会2014年 矮小歯を伴う前歯部オープンバイトをMinimal Interventionに対応した症例

・AAO アメリカ矯正歯科学会 ニューオリンズ Table Clinic 発表 2014年5月 Joseph E. Johnson Clinical Award 受賞

・AAO アメリカオッセオインテグレーション(インプラント学会) シアトル 参加 2014年4月

・Soft-diet feeding after weaning affects behavior in mice: Potential increase in vulnerability to mental disorders. Neuroscience. 2014 Mar 28;263:257-68

・ペリオとインプラントのための審美形成外科 (翻訳共著)2014年 クインテッセンス

・和光堂 育児サポートセンターイベント講演 2013年 東京 “心身ともに健康な大人になるための乳幼児期の食育と口腔ケアについて ”

・SJCD Step Up Meeting 2013年 上下顎で支持様式の異なる補綴設計を用いて治療したフルマウスリコンストラクションケース

・顎骨骨膜に特異的に発現する遺伝子の探索と機能解析
Discovery of specific gene expression and functional analysis in jaw bone periosteum
第71回 日本矯正歯科学会 2012年

・下顎頭軟骨の組織特異性の探索と機能解析
Tissue specificity and functional analysis of condylar cartilage
第71回 日本矯正歯科学会 2012年

・口腔粘膜上皮のケラチノサイトの一部は神経堤に由来する
Some keratinocytes in epithelium of oral mucosa derive from neural crest
第71回 日本矯正歯科学会 2012年

・成長発育期の軟食と精神疾患発症との関連性について(第二報)
The relationship between the soft-diet feeding during developmental stage and the risk of mental disorders
第71回 日本矯正歯科学会 2012年

・凍結乾燥処理を行った歯を用いた新たな顎骨再生療法の開発・検討
第10回 日本再生歯科医学会 2012年

・神経堤由来である上下顎骨は中胚葉由来の骨と比べてその治癒形態が異なる
第10回 日本再生歯科医学会 2012年

・離乳時からの軟食は精神疾患の発症リスクを高める可能性がある
第54回歯科基礎医学会学術大会 2012年

・顎骨の骨膜は神経堤細胞由来の性質を持っている可能性がある 第53回 歯科基礎医学会 第31回昭和歯学会, 東京, 2011年12月

・離乳直後からの軟食が、マウスの海馬における神経新生に不える影響 第31回昭和歯学会, 東京, 2011年12月

・Soft-diet feeding may increase the risk of mental illness during growth Neuro2010 2010年 9月

・Gene expression profiles from jaw is uniquely different from profiles of trunk and limb bones  第96回アメリカ歯周病学会 2010年

・Distribution and characteristics of neural crest-derived cells in maxillofacial-and oral tissues  第96回アメリカ歯周病学会 2010年

・幼少期の「食」の違いはその後の性格を変えるのか?――昭和大学と理化学研究所の研究グループが世界で初めて「食の違いと精神形成の関連性」を発表 大学プレスセンター にて掲載 2010年

・朝日新聞 朝刊 2010年 科学欄掲載

・「抜去歯を用いた新しい顎骨再生療法に関する基礎研究について」第70回 東京矯正歯科学会 2010年

・Effects of mastication on mandibular growth evaluated by microcomputed tomography. Enomoto A, Watahiki J, Yamaguchi T, Irie T, Tachikawa T, Maki K. Eur J Orthod. 2010 Feb;32(1):66-70. Epub 2009 Jul 31

・A New Method for Alveolar Bone Repair Using Extracted Teeth for the Graft Material.
Nampo T, Watahiki J, Enomoto A, Taguchi T, Ono M, Nakano H, Yamamoto G, Irie T, Tachikawa T, Maki K. J Periodontol. 2010 May 17.

・従来の腸骨移植に代わる新たな骨再生法の開発検討-骨補填材としての抜去歯の可能性-Development of a new bone regeneration method to replace the iliac bone graft
南保友樹 綿引淳一 榎本明子 中納治久 田口智博 小野美樹 入江太朗 立川哲彦 槇宏太郎 第68回日本矯正歯科学会 2009年
第29回昭和歯学会 2009年

・成熟個体の下顎頭における神経堤由来細胞の存在
Existence of neural crest─derived cells in adult mouse mandibular condyle
綿引 淳一,南保 友樹,榎本 明子,小野 美樹,田口 智博,入江 太朗,立川 哲彦,槇 宏太郎 日本顎関節学会 2009年

・TAD (Temporary Anchorage device) を用いた際のトランスパラタルバーのデザインについて
The design of transpalatal bar used TAD 第68回
綿引正美 綿引淳一 宮本愛子 井沢秀彦 日本矯正歯科学会 2009年

・Identification of differentially expressed genes in mandibular condylar and tibial growth cartilages using laser microdissecrion and
fluoresent differentila display:Chondromodulin I(ChM-1) and tenomodulin(TeM) are differentially expressed in mandibular condylar
and other growth cartilages.
BONE, 2008 Jun;42(6):1053-60
Junichi Watahiki, Tetsutaro Yamaguchi,Akiko Enomoto,Tarou Irie, Kumi Yoshie, Tetsuhiko Tachikawa and Koutaro Maki

・コーンビームX線CTを用いて3次元的な包括的診断を行った
歯周病患者の矯正治療症例 
綿引淳一 高田貴虎 中納治久 榎本明子 渡辺みゆき 山本松男 槇宏太郎  第66回 日本矯正歯科学会 2007
・咀嚼変化が下顎頭形態に及ぼす影響について

-3次元形態計測および遺伝子発現変化の観察―
榎本明子 綿引淳一 山口徹太郎 入江太朗 立川哲彦 槇宏太郎
第27回日本骨形態計測学会 2007

・Discovery of genes specifically expressed in mandibular condylar cartilage. J.Watahiki, T.Yamaguchi, T. Irie, T.Tachikawa, K.Maki
第一回国際顎関節学会 2006
・The effect of mastication during mandibular growth.
A Enomoto, J Watahiki, T Yamaguchi, T Irie, T Tachikawa, K Maki
第65回 日本矯正歯科学会 2006
・Discovery of genes specifically expressed in mandibular condylar cartilage.
J. WATAHIKI, T. YAMAGUCHI, T. IRIE, T. TACHIKAWA,K. MAKI, 第106回 アメリカ矯正歯科学会 May 7 in Las-Vegas, 2006

・Prediction of mandibular growth from the rate of condylar height to ramus height. Kumi Yoshie, Junichi Watahiki, Tetsutaro Yamaguchi, Koutaro Maki
第106回 アメリカ矯正歯科学会 May 7 in Las-Vegas, 2006

・Gene Expression Changes of mouse Condylar Cartilage Correlates with Mastication : By Means of Laser Microdissection and cDNA Array.

J. WATAHIKI, T. YAMAGUCHI, T. IRIE,T. TACHIKAWA K. MAKI1,

第6回 国際矯正歯科学会6th International Orthodontic Congress
in Paris 2005

・Familial Aggregation of Class III Malocclusion in Japanese.
Kudo A, Yamaguchi T, Yagasaki Y, Watahiki J, Oshima T, Nishimoto Y, A Miyazaki, K Maki.  Showa Univ J Med Sci,17:145-151, 2005

・Relationship between condylar morphology and mandibular growth
-Condylar height reflects mandibular growth-
Kumi Yoshie, Junichi Watahiki, Tetsutaro Yamaguchi, Koutaro Maki

第64回 日本矯正歯科学会 2005年

・Discovery of genes specifically expressed in mandibular condylar cartilage
-Existence of specific responsive remodeling mechanism.

J. WATAHIKI, T. YAMAGUCHI, T. IRIE,T. TACHIKAWA,K. MAKI,第63回 日本矯正歯科学会 2004年

・Gene expression profiling of mouse condylar cartilage during mastication
by meansof laser microdissection and cDNA array.
Watahiki J, Yamaguchi T, Irie T, Nakano H, Maki K, Tachikawa T.

J Dent Res. 83(3) 245-249, 2004.

・The role of p57Kip2 on mandibular growth in mice
: By means of laser microdissection for hard tissue.

Watahiki J, Yamaguchi T, Irie T, Takahashi K, Nakano H, Yagasaki Y, Nakayana Kei-ichi, Nakayana Keiko, Maki K, Tachikawa T.

Orthodontic Waves. 62(3) 201-206, 2003.

・Micro X-ray computed tomography analysis for the evaluation of asymmetrical condylar growth in the rat.

Nakano H, Watahiki J, Kubota M, Maki K, Shibasaki Y, Hatcher D, Miller AJ. Orthod Craniofac Res. 6 Suppl 1 168-172, 2003.

・The role of craniofacial growth in leptin deficient (ob/ob) mice.
Yagasaki Y, Yamaguchi T, Watahiki J, Konishi M, Katoh H, Maki K.
Orthod Craniofac Res. 6(4) 233-241, 2003.

副院長

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
医療法人Teeth Alignment
副院長 大前 正美

歯学博士  日本矯正歯科学会認定医

担当分野

小児矯正
小児歯科
一般歯科

Message

とても優しく丁寧な対応をする先生です。小児専門クリニックに勤務していた経験を生かし小児の対応にも非常に優しくお母さん達にもとても信頼の厚い先生です。当院では、小児から成人まで豊富な経験を生かした丁寧な治療を行っております。

(本人から一言)
不安やお痛みを伴って来院された方が安心して治療を受けられるように出来るだけわかりやすい説明と最新で丁寧な治療を日々心がけております。小児から成人まで優しく丁寧に対応いたします。

主な所属学会

◆日本歯科審美学会
◆日本矯正歯科学会
◆東京矯正歯科学会
◆小児歯科学会
◆インプラント矯正研究会
◆その他

経歴

【主な経歴】
昭和大学歯学部卒業
昭和大学歯科矯正科入局
昭和大学歯学研究科矯正学大学院卒業 博士号取得
日本矯正歯科学会認定医取得
都内 小児歯科専門クリニック(オリコンNo1の小児歯科)に勤務
AQUA日本橋DENTAL CLINIC 勤務
Teeth Alignment 理事就任
JIADS(The Japan institute for Advanced Dental Studies)補綴course 修了
インコグニート認定ドクター(ドイツの最新の舌側矯正法) 取得

受賞暦

◆上條賞受賞

 

主な研究業績

・TAD (Temporary Anchorage device) を用いた際のトランスパラタルバーのデザインについて
The design of transpalatal bar used TAD
第68回 綿引正美 綿引淳一 宮本愛子 井沢秀彦 日本矯正歯科学会 2009年11月

・犬歯埋伏を伴うLateral Open Biteに対する非外科的矯正治療症例
東京矯正歯科学会 症例報告2006年7月

・小型チタンネジを固定源としたイヌ下顎前臼歯の実験的圧下移動
歯の移動様相とネジ周囲骨の形態計測 斎藤 茂 , 大前 正美 , 山崎 健一 , 柴崎 好伸
Orthodontic waves : journal of the Japanese Orthodontic Society : 日本矯正歯科学会雑誌 61(2), 78-87 ,2002

・A clinical and histological evalution of titanium mini-implants as anchors for orthodontic intrusion in the beagle dog.
Ohmae M, Saito S, Morohashi T, Seki K, Qu H, Kanomi R, Yamasaki KI, Okano T, Yamada S, Shibasaki Y:アメリカ歯科矯正学会誌 Am J Ortho Dentofacial Orthop,119(5):489-497,2001

・抜歯前の反復矯正力の意図的再植歯への効果
大津 源右エ門 , 斎藤 茂 , 岡崎 弘典 , 大前 正美 , 曲 虹 , 諸橋 富夫 , 大塚 純正 , 山崎 健一 , 山田 庄司 , 柴崎 好伸
日本口蓋裂学会雑誌 26(3), 307-324 ,2001

・反復的矯正力が意図的再植歯へ及ぼす影響
大津 源右ェ門 , 斎藤 茂 , 大前 正美 , 大塚 純正 , 柴崎 好伸 日本口蓋裂学会雑誌 26(2), 284 ,2001

・乳歯列期顎裂部骨移植術の適応と評価 : 第2報-歯科矯正科の立場から-
大塚 純正 , 大前 正美 , 柴崎 好伸 , 赤井 秀実 , 大久保 文雄 , 大塚 尚治 , 門松 香一 , 佐藤 兼重 , 保阪 善昭
日本口蓋裂学会雑誌 26(2), 188 ,2001

・乳歯列期顎裂部骨移植術の適応と評価 : 第1報-形成外科の立場から-
赤井 秀実 , 大久保 文雄 , 大塚 尚治 , 門松 香一 , 佐藤 兼重 , 保阪 善昭 , 大塚 純正 , 大前 正美 , 柴崎 好伸
日本口蓋裂学会雑誌 26(2), 186 ,2001

・雄性ビーグル成犬下顎第4前臼歯矯正移動の固定源として用いた連結チタンインプラント周囲下顎骨の蛍光顕微鏡による解析
大谷 嘉信 , 諸橋 富夫 , 斉藤 茂 , 大前 正美 , 柴崎 好伸 , 山田 庄司 歯科基礎医学会雑誌 43(2), 156-165 ,2001

・移植前の矯正力が実験的自家移植歯の歯根吸収に及ぼす影響
曲 虹 , 斎藤 茂 , 諸橋 富夫 , 大前 正美 , 関 健次 , 山田 庄司 , 岡野 友宏 , 山崎 健一 , 柴崎 好伸
Orthodontic waves : journal of the Japanese Orthodontic Society : 日本矯正歯科学会雑誌 60(4), 213-225 ,2001

・超音波振動による実験的歯の移動の促進効果 : 第 1 報 矯正力と同方向への超音波振動の付与
Biomechanical acceleration of experimental tooth movement by ultrasonic vibration in vivo : Part 1 Homo-directional application of ultrasonication to orthodontic force
大前 正美 , 斎藤 茂 , 諸橋 富夫 , 曲 虹 , 関 健次 , 倉林 仁美 , 山崎 健一 , 山田 庄司 , 岡野 友宏 , 柴崎 好伸
Orthodontic waves : journal of the Japanese Orthodontic Society : 日本矯正歯科学会雑誌 60(4), 201-212 ,2001

・特集 インプラント矯正の現状と将来インプラント矯正に関する基礎実験から得られた知見……
齋藤 茂・大前正美・諸橋富夫・関 健次・柴崎好伸
月刊誌Dental Review 2001年 8月号 No.706 (61巻8号)

・特別報告 チタンインプラントの歯科矯正治療への適応(その2).
斉藤 茂,大前正美,関 健次,柴崎好伸.矯正臨床ジャーナル 2001;17:33-44

・A clinical and histological evalution of titanium mini-implants as anchors for orthodontic intrusion
第79回国際歯科研究学会(IADR)2001年6月

・矯正治療の固定源としてのチタン製インプラントならびに小型インプラントの臨床的評価
第59回日本矯正歯科学会 症例展示 2000年10月

・マイクロインプラント固定源としたビーグル犬臼歯の圧下についての報告
第57回日本矯正歯科学会  1998年10月 
その他多数

歯科医師

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
医療法人Teeth Alignment
外来医長
平沼 貴大

Message

初めまして、歯科医師の平沼です。学生時代は、ロックバンドのドラムを担当してました。音楽を通じて培った根性とリズム感には自信があります。 当院では院長を筆頭に非常に高度な治療を提供しております。その中で、日々学び、自己研鑽し患者さんに最善の治療を提供できるように努めております。

みなさんの不安を安心に変えられるような歯科医師を目指して頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します。

経歴

神奈川歯科大学歯学部卒業

歯科医師

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
医療法人Teeth Alignment
医局長
花栗 志麻

Message

初めまして、勤務医の花栗です。当院では、患者さんの口の中全体を診て、最先端の医療や科学的根拠に基づいた医療をしています。しかしながら、歯科医師側が理想とする治療が必ずしもそれぞれの患者さんにとっての良い治療でないこともあると思います。その差をなるべく縮められるようにしっかりお話をすること。今現在の悪いところを治すだけでなく、お口の中全体を診て、数十年後も健康でいられるように予防していくこと。一人一人に合わせた治療を提案していきたいです。一緒に頑張りましょう!宜しくお願い致します。

経歴

昭和大学歯学部卒業

矯正医

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
医療法人Teeth Alignment
矯正医
渡邊 みゆき

Message

こんにちは、矯正専門医の歯科医師の渡辺です。院長とは大学の医局時代からお世話になっております。歯並びは、歯の健康に大きく関与していると云われております。当医院へは、歯並びが悪くて歯周病やむし歯に既になってしまった成人の患者さんが多く来院しております。これらの患者さんに対して、歯周再生治療やインプラント治療、マイクロスコープを用いた精密根管治療などの最新の治療を駆使した成人矯正治療に携わっております。患者さんのお口の健康を取り戻せるよう少しでも力になれればと思っております。宜しくお願い致します。

経歴

歯科医師 日本矯正歯科学会認定医
昭和大学歯学部卒業
昭和大学歯学部矯正学教室

矯正医

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
医療法人Teeth Alignment
矯正医
宮野 二美加

Message

成人矯正は、歯槽骨の骨密度、歯周組織の状態、顎関節症、欠損歯、処置歯などが存在し口腔環境が10代の矯正治療とは大きく異なり、より綿密な診査診断・治療計画が重要となります。当院の院長では、一般的な矯正歯科医院とは異なり20代から50代の成人の方が来院しております。綿密な治療計画のもと非常に高度な治療や最先端の装置を惜しげなく用いております。当院の矯正医師団の一人として生涯にわたる健康的で美しい歯を守る為に困っている患者さんの力になれればと思っております。

経歴

明海大学歯学部卒業
昭和和大学歯学部矯正学大学院卒業

矯正医

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
医療法人Teeth Alignment
矯正医
小野 理恵子

Message

矯正医の小野と申します。矯正治療と聞くと子供がするものというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では成人の患者さまも増えてきております。当院では、成人矯正治療に歯周組織再生療法を組み合わせた治療や多数の欠損歯があるようなインプラントや審美修復が必要な矯正治療など他では受ける事が出来ないような高度な治療を受ける事も可能です。多くの患者さまが美しく健康的な笑顔を取り戻しております。矯正治療を通じて治療に来られた患者さまのお口の長期的な健康作りに少しでもお役に立てたらと思います。不安な事や分からない事がありましtらいつでもご遠慮せずにご相談ください。

経歴

東京医科歯科大学卒業
東京医科歯科大学矯正学教室大学院卒業
日本矯正歯科学会認定医

矯正医

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
医療法人Teeth Alignment
矯正医
佐久間 優弥

Message

矯正医の佐久間です。矯正治療は比較的長期に渡る治療となります。不安になることも多いと思いますので、患者さんの立場に立った治療を心がけております。また、成人の方の矯正治療には、歯周病や虫歯などが問題となることがあります。当院では、患者さんのお口の健康を第一に考えた矯正治療を実践しております。安心してお任せください。

経歴

昭和大学歯学部卒業
昭和大学矯正学教室入局

麻酔科医

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
医療法人Teeth Alignment
麻酔科医 藤原 広

昭和大学歯学部歯科麻酔科 助教
日本歯科麻酔学会専門医・認定

Message

インプラント治療やその他の手術に際し患者様の不安や緊張を軽減して安心・快適な治療を受けて頂けるように優しくサポート致します。

経歴

昭和大学歯学部卒業 昭和大学歯学部歯科麻酔科入局
昭和大学歯学部歯科麻酔科助教

専属歯科技工士

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
専属技工士  鬼塚 浩靖

専門

セラミック、インプラント、その他自費の補綴物

About

彼の魂が宿ったセラミックの歯は、手触り・質感・色・透明感など全ての部分で人間の五感を通じて天然歯に迫る躍動感があります。歯周組織と一体となった彼の創造する歯は、まるで血が通った生きた歯の様です。
彼は、世界的に最も有名な技工士であるスイスのMr. Willi Geller(別名:God of Dental Ceramics)にあこがれ、本物の歯を創造する技工士を目指して研鑽を積み上げて来ました。
また、彼は、歯科技工物を作るだけでなく、治療計画の段階から的確なアドバスを歯科医師に伝える能力も高く、ともに成長できる綿引理事長の最高の臨床パートナーでもあります。

経歴

日本歯科大学付属歯科専門学校歯科技工士科卒業
国際デンタルアカデミーラボテックスクール卒業
Jacques Wagner oral design course 修了
Naoki Aiba oral design course 修了
Yasuhiro Odanaka oral design course 修了
Willi Geller oral design course 修了
Curio Dental laboratory 代表

専属歯科技工士

AQUA 日本橋 DENTAL CLINIC
専属技工士  井沢 秀彦

専門

歯科矯正技工全般

About

当医院にとって彼は、矯正治療の仕上がりをより一層高めてくれる唯一無二の技工士です。彼の作る矯正装置は、治療効果を確実に発揮させるデザインでありながら装着した際の違和感への配慮など患者様への思いやりがたくさんこもっております。 また、当院が提唱する他に類を見ない健康と審美を両立したハイレベルな矯正治療が実現できるのは、彼の作る矯正治療後のシミュレーション模型(セットアップモデル)のお陰でもあります。

このシュミレーション模型は、彼と綿引理事長が2人で考えたものであり従来の矯正治療では、あまり考えられていなかった様々な困難な問題(顎関節・歯周病から歯を守る咬合・理想的な審美歯科・インプラント治療など)に対しても最適な検討をする事が出来るようになっております。舌側矯正(裏側矯正)に関しても、この特殊なシュミレーション模型が質の高い矯正治療の仕上がりに重要な役割を果たしております。

彼は、矯正認定医でもある綿引理事長にとって、鬼塚技工士同様に、最高の臨床パートナーであります。

経歴

明倫短期大学歯科技工士学科卒業
IZAWA ORTHO PLACE 代表 
スタディーグループ Teeth Alignment メンバー

研究業績

TAD (Temporary Anchorage device) を用いた際のトランスパラタルバーのデザインについて
The design of transpalatal bar used TAD
第68回  日本矯正歯科学会 2009年11月

Page top