Concept 日本橋 矯正歯科AQUA日本橋 成人矯正CENTER

日本橋 矯正歯科AQUA日本橋 成人矯正CENTER HOME >> マウスピース矯正という選択
日本橋 矯正歯科 医療法人社団 Teeth Alignment AQUA日本橋DENTAL CLINIC

前歯の部分矯正 矯正歯科 AQUA日本橋DENTAL CLINIC


成人が抱える5大歯科疾患と成人矯正治療との関係

歯周病(歯槽膿漏)がある方 歯茎が下がっている方 詰め物やかぶせ物がある方 顎関節症をお持ちの方 1本でも歯が抜けてしまっている方
携帯からの初診受付はこちらから

Treatment Contents マウスピース矯正という選択

インビザラインとは

世界45カ国、250万人を超える実績

従来の矯正治療とは異なり、マウスピース型の装置を利用することで歯並びを整える矯正治療です。

マウスピースは透明なので装着時もほぼ見えませ。また、取り外しが可能なので矯正治療中の色々なストレスを軽減することにもつながり、2013年12月現在、世界45カ国以上の国々で提供され、これまでに250万人を超える患者様が治療を受けられています。

インビザラインと従来の矯正治療との比較

インビザライン従来の矯正治療
装置のイメージ
費用
85~105万円(関東圏の相場)

75~95万円(関東圏の相場)
治療期間
1年半~2年半(平均)
×
2年~3年(平均)
見た目
ほとんど目立たない
*補助的にワイヤーの装置が必要となる事がある
×
装置が目立つことがある
痛み
従来の矯正治療より痛みが少ない
×
個人差あり
対象20歳~(推奨)11歳~
適応症
重度の出っ歯などは適応していない

すべての症状に適応

インビザラインの特徴

以下のようなことが不安で矯正治療を始められない方にとって最適の矯正治療システムです。

  • 1. 透明なので、周りの人の目が気にならない

    透明なマウスピースを歯に付けるだけなので日常生活で装置が目立つことはありません。矯正装置が気になって、口元を手で押さえることもありませんし、芸能人や営業の方など、人前に出るお仕事の方でも安心しって矯正治療を行えます。

  • 2. 治療中の痛みを少しでも和らげたい

    従来の矯正治療の場合、装置を締め付けると数日痛みが出る場合があります。一方、インビザラインは、マウスピース矯正を交換する毎に0.25mmと少しずつ歯を動かしていくため、痛みを大幅に軽減します。

  • 3. 歯科医院への通院頻度を減らしたい

    通常の矯正治療は2~4週間に一度、歯科医院に通院する必要がありますが、インビザラインの場合、4~9週間に一度の来院で大丈夫です。

  • 4. 食事や歯磨きのときにストレスを感じたくない

    従来の矯正装置の場合、装置の間に食べカスが詰まったりします。インビザラインでしたら、友人との食事中に食べカスを気にすることもありません。また、歯磨きの際は、装置を外しますので今まで通りの方法で歯磨きをすることができます。

  • 5. 金属アレルギーがある

    インビザラインはプラスティック製ですので金属アレルギーが原因で矯正治療を諦めていた方も矯正することが可能です。

  • 6. 治療後の歯並びを確認してから、矯正治療をスタートしたい

    CAD/CAMの技術を用い、スキャンした歯並びの情報をし、三次元的にシュミレーションします。治療開始前に、治療終了後の歯の並びをコンピュータ上で確認することが可能です。

  • 7. 矯正治療後のアフターケアが心配

    インビザラインは、米国アラインテクノロジー社にてデータベース管理されています。矯正治療中はもちろん、治療後のアフターケア管理体制も充実しています。
    データベース上で矯正治療終了時の歯並びを管理するため、装置の紛失などのトラブルにも安心です。

  • 8. インビザラインの治療をスピードアップする “AcceleDent®”(アクセルデント) 

    アクセルデントとは、当院からお貸しする30HZの振動を発生するマウスピース(アクセルデント)をご自宅で1日20分使用する事によって矯正治療期間を(アクセルデント社の調べで30から40%)程度短縮できる装置です。
    *効果には個人差があります。
    *別途費用が発生致します。

AQAU日本橋Dental Clinicは成人矯正を成功に導く全ての歯科治療が一つのクリニックで完結

当院の院長は、大学勤務時代から様々な歯科的問題を抱えた成人矯正の臨床や研究に数多く携わって参りました。しかし、専門性に特化すればするほど見識が狭くなり、患者様にとって大切なことを見逃してしまうことが多々あると感じていました。その豊富な経験から、一つの結論を導きました。それは、30歳以降の成人矯正治療においては、“矯正学の専門技術だけを極めても患者様を決して幸せにできない。歯周治療、補綴治療、顎関節治療、インプラント、審美治療などのあらゆる分野での高度な歯科的技術が必要不可欠であるということです。しかしながら、その理想を実現する為には、相当な努力と研鑽が必要です。

院長がニューヨーク大学で直接指導を受けた世界的に有名なデニス・ターナー教授は、“We must always think multi-disciplinary and avoid specialty tunnel vision ”と言っています。その言葉には“矯正治療やインプラント、審美歯科などの専門分野に特化した専門医は、自らの専門分野に限定した狭い見識に捉われがちだが、常に広い視野で研鑽を積み、様々な分野の専門的なテクニックを駆使した考え方をしなければ、患者さんにとって最良の結果とはならない“という意味が込められています。

そこで、当院は、国内外で研鑽を積んだ院長が追及する、成人矯正治療を成功に導く為に矯正歯科を中心においたMulti-Disciplinary Adult Orthodontics Treatment (幅広い専門分野を駆使した包括的成人矯正治療)を コンセプトに誕生しました。日本矯正歯科学会認定である歯列矯正の専門医による矯正治療が可能であると同時に、簡単な保険診療から歯の保存療法(再生治療・マイクロ精密根管治療)・インプラント治療・歯周病治療・顎関節症・審美歯科・レーザー治療・歯周形成治療・口腔外科などの、幅広い専門的分野の治療を他医院に行かずとも受けることも可能です。

成人矯正治療を行う場合、矯正専門医がいるだけでは本当は十分とは言えません。しかしながら、矯正歯科に加え、虫歯・歯周病・顎関節症・審美歯科・インプラント治療・歯周再生療法など、全ての歯科治療をトップレベルで提供することができクリニックは、全国でもあまり例がありません。歯周病を患っている方、歯を失っている方、インプラントと矯正治療の両方を考えている方、外科矯正治療などの矯正治療(保険対応の矯正治療)が必要な方など、他の矯正歯科では対応が困難な方の対応も行っています。気軽にご相談ください。

Page top